就活しないで留学することにした

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活しないでラオスに行くことにした

大学3年生いーちぇの日々。

トビタテ!留学JAPAN第7期の大学内選考を通過しました!

f:id:iietzsche:20170321201239j:plain

ども!いーちぇです!

 

ご報告があります。

この度、トビタテ!留学JAPAN第7期の大学内の書類選考を通過しました!

 

この後、トビタテ!留学JAPAN内の書類選考と面接が続きます。

「なんだ、まだまだじゃんか」って感じですよね(笑)

 

 

でも、ぼくとしてはすごい嬉しいんです!

というのも、以前にもトビタテ!留学JAPANに応募したことがあり、その時は大学内の書類選考に落ちました、、、

 

だから、昔の自分を超えられたようで、一歩成長できたのかなという思いがあります。

 

 

 

前回落選したときは、ラオスの生産者を助けたい、という気持ちはありました。

しかし、自分がどのように成長したいのかというビジョンはなく、こういう留学にしたい!というイメージもできていませんでした。

 

そのため、ラオスで何をしていいのかわからなく、「コーヒーづくりの助けをして生産者の助けになればいいかな」とただなんとなく計画をたてていました。

正直、留学計画書を書いていて楽しくはなかったです。

 

その中途半端な気持ちが留学計画書に表れたのでしょう。

 大学内の選考すら通過することができませんでした。

 

 

 

しかし、今回はその時とは違いました。

留学計画書をわくわくしながら計画書を書くことができたんです。

 

時には、なんと言葉に表せばいいか分からないこともありました。

しかし、自分と対話するなかで、自分はこんなことがしたかったんだと気づくこともありました。

夢に形を与えているような感覚です。

 

 

おそらく前回との一番の違いは、自分が好きなことを通して達成できる留学の目的を設定できたこと。

自分が好きな「文章を書く」ということと、ラオスの生産者を助けたいという思いが、ブログという形でまとまりました。

 

 

ワクワクすればするほど、イメージが膨らみます。

イメージができればできるほど、留学をより細かく組み立てることができました。

 

この好循環が、以前のぼくより進歩したところだと思います。

 

 

 

 

今の自分にはこれまでに増して、こうなりたいと思い描く未来の自分の姿があります。

そして、今回の留学をその希望への第一歩として、位置付けることができました。

 

この思いを糧に、これからの選考や留学に励んでいきたいと思います。

 

 

最近、彼女をだしにしたような記事を書いてばかりですが(笑)、本命であるラオスコーヒーのことも忘れずに、自分が思い描くようなブログを作っていければなと思います!

 

 

書類審査の結果は4月の下旬に発表らしいので、そのタイミングでまた嬉しいご報告をできればと思います!

 

それでは、また!