おラオス!

【おラオス】 オッス!おらラオス推すっす!の意。

おラオス!

しみじみしてる場合じゃない!誕生日を迎える23:59のためのブログ

 

ども!いーちぇです!

先日22歳の誕生日を迎えました。

 

それにあたって22歳のテーマを決めました。

今回はそのテーマとそれを決めるに至った経緯について。

 

 

誕生日を迎える夜あるある

 

誕生日を迎える夜ってしみじみしませんか?

「ああ、ぼくもまた1つ年をとるのかー…」なんて、家族はみんな寝ちゃって、ひとり夜のセンチメンタルなぼくの登場です。

 

そんな物思いにふけっていた23:59に彼女がLINEをくれました。

彼女「21歳のいーちぇ今までありがとう^_^」

 

あれ、21歳のぼくってどうだった!?

ふと疑問が浮かびました。

成功してたのか?充実してたのか?

 

そんなことを考えているうちに0:00を迎えてしまいました。

21歳のぼくはもうこの世にいません。

そして、答えがすぐに出なかったのは、21歳のぼくは上手くやったという自信がないからなのでしょう。

 

 

思えば、毎年誕生日を迎える夜には物思いにふけっているような気がします。

そして、その歳の自分を振り返っては、「あれ、充実してたのかな?」なんて思っていました。そして、この一年は充実させよう!ってやる気になる。しかし、それも達成できず一年後には「あれ、、、」ってなる始末。

 

 

考えてみたら今まで、「〜〜な〇〇歳になりたい!」というテーマをもっていませんでした。だから、「充実させたい」って思ったとしても、どう充実させればいいのか、というか何が自分にとって充実なのかもわかってなかったんですよね。

 

みなさんその歳のテーマって決めてますか?

 

 

 

ぼくもテーマを決めました

 

ということで、22歳のぼくはようやく自分のテーマを決めました。

「かっこいい大人になる」!

 

イメージとしては「uno」のcmの竹野内豊さん。


「大人自在。 ハイブリッドハード」篇 15秒

 

このcmがかっこよすぎて、unoのヘアワックスを買ったほどです(笑)

 

 

ぼくが考える「かっこいい大人」のイメージというのは

・知識が豊富

・計画性がある

・見た目にも余裕がある

 

うーん、どれも持ちあわせてない(笑)

というか「いーちぇ(ぼく)」の対義語が「かっこいい大人」かってくらい。

 

 

 いーちぇ ⇔ かっこいい大人

これではあかん! 

さて、どうしたものか、、、

 

 

 ・知識が豊富

よくインプットよりアウトプットの方が大事って聞きませんか?ぼくはこれを勘違いしてインプットをおろそかにしてきた気がします。そうなるとアウトプットもお粗末なものになる。だから、まず知識を豊富に取り入れることを心がけたいと思いました。

知識が豊富な人の話って裏付けがあって説得力がありますよね。そして何よりおもしろい!これは知識と知識が合わさり、さらにそこにその人の思考なども加わるからだと思います。ぼくもそんな会話をバーでできるような大人になりたいんです!

 

 

 ・計画性がある

かっこいい大人って時間に追われることなく、余裕をもって生きてる感じがします。仕事の合間にコーヒーを飲む、だけでなく香りまで楽しむ。憧れます。

それに対してぼくはというと、タスクをためすぎて最後に焦ることがよくあります。目標をしっかり定めるのがいいのか、時間管理術を体得するのがいいのか。そこはこれから考えてみたいですね。

 

 

・見た目にも余裕がある

それこそ「uno」のcmの竹野内豊さんみたいに。

ちょっと前まで、髪型とか服装とかルックスを気にしている人を見て、「他にも気にすべき大事なところあるだろ!」って思ってました。内面磨け!みたいなね。 

でも、「清潔感や衛生面に気をつけているという良い印象をもってもらう」ために身だしなみに気をつけているという知人の話を聞いて、オシャレも大事なんだなって気づきました。まあこれも、本当はオシャレをしてみたかった自分にとっての、言い訳かもしれませんが。髪型や服装にも配慮していきたいなと。

 

 

これで少しはかっこいい大人に近づけるんではないでしょうか。

 いーちぇ ≒ かっこいい大人 ?

 

 

 

 23:59にはテーマを考えよう!

 

21歳だって、22歳だってぼくはぼく。

昨日と今日では、そこまで変わりはありません。 

 

でも、やっぱりしみじみしたり、心機一転頑張ろう!って思えるのは、毎年生まれ変わるような感覚があるからなのでしょう。

 

そんな思慮深い夜中の時間帯だからこそ、新しい自分のテーマを考えてみませんか!?どうせ朝起きたら、家族や友人におめでとうって言われまくって浮かれちゃいます。

 

ということで今年は、21歳のぼくの期待に応えるため、そして、23歳のぼくが「よく頑張ったな!」って思えるために今年は「かっこいい大人になる」ことを目指します!

 

それではまた!