就活しないで留学することにした

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活しないでラオスに行くことにした

大学3年生いーちぇの日々。

彼女に留学について相談したら「助けてほしいのはこっち!」と言われた話

f:id:iietzsche:20170116224834g:plain彼女にも留学を応援してもらっているのですが、

今回はそんな彼女との相談の中で浮かびあがってきた課題についてです。

 

パートナーがいる留学志願者には、ぜひ読んでいただきたい。

 

 

彼女の本音

 

この前、彼女に留学の相談をしました。

客観的なアドバイスをもらいたいと言いながらも、

ぼくの不安を聞いてほしいというのが本音でした。

 

そしたら、ぼくが一通り話し終え満足したところに、

「助けてほしいのはこっち!」と言いはなたれました。

唖然とするぼく。

 

彼女曰く

「いーちぇは留学先ですることたくさんあるから

時間も忘れて充実した毎日を過ごすんだろうけど、

わたしは日本に取り残されるんだから、寂しいのはこっちだよ!」

とのこと。

 

そっか、そうだよな。

ごめん、、、

 

 

自分の留学にパートナーは違う不安を抱えてる

 

なんだかぼくは、まるで勇者になって冒険する気でいたから、

「無事に帰ってきてください、お待ちしております、、、」

という姫からの優しいお言葉的なのを期待していたが、リアルはそうはいかない。

 

 

カップルのうち、留学に行こうとしてる人が心配するのは当たり前。

留学計画、費用、留学後の進路、、、

あっちでお腹壊さないか、とかすごい考えちゃう。

悩むべきことはたくさん。一方でワクワクもしています。

 

でも、そんな気持ちでいっぱいになって、

パートナーに自分の心配事だけを解決してもらおうと思ったら大間違い。

 

不安なのは相手も同じです。

ただ、相手が抱いてる不安はあなたと違います。

それは、あなたとの関係についてかもしれません。

 

「留学中も、留学後もいい関係でいたいのに、

 あの人は自分だけのことしか考えていない、、、」

 

「それに、あの人が留学に行ってしまったら、

 海外でもっと素敵な人に出会ってしまうかもしれない、、、」

 

相手もたくさん悩んでいることでしょう。

なんて一途ないい子なんだ、、、!

 

そんな時に、いくら

「留学して立派になって帰ってくるよ!」って言ったって、

あなたが目の前にいるパートナーの気持ちを察してあげられなかったら、

どうなるでしょうか。

 

留学先であたふたし、でも次第に楽しくなってきた!って時には、

もう心が離れてしまっているのかもしれません、、、

 

(まあ、ぼくも危なかったですが、、、)

 

 

二人にとってベストな留学に!

 

ということで、この記事を読んだ留学志願者の方々、

どうすればいいかお分かりですね?

 

次に相談にのってもらったら、今度は自分から、

「いつもぼくのことばかり話しちゃってるよね。

 君が不安に思ってることも聞かせて。一緒に考えよう。」

って聞いてあげてほしいんです。

 

 

パートナーは、今この時だって悩んでるかもしれません。

 

 

特に優しい人だと、自分の不安を押し殺して、

留学に行く相手を応援してあげようとするかもしれません。

でも、それって二人の課題が潜在化してしまって、逆に危ないですよね。

 

パートナーが留学に行ってしまう人は、

この記事を相手に読んでもらうのもいいかもしれません。

 

ということで、

お互いのために、留学前にはお互いの心配事を解決しておく。

 

そのためには、

・留学に行く人は、パートナーの不安を聞いてあげる

・パートナーが留学する人は、お互いのためにも不安を打ち明ける

ことが大切です。

 

 

 

彼女とはこれ以外にもたくさん話をしました。

留学中も二人の関係を維持するために、ぼくにはルールが課せられました。

またそれについても記事を書きたいと思っています。

 

またこんど!