就活しないで留学することにした

おラオス!

【おラオス】 オッス!おらラオス推すっす!の意。

おラオス!

留学したいならさっさと親に話した方がいい

f:id:iietzsche:20170114232722g:plain

これは、自分の反省でもあるんですが、

留学を考えているなら、早く親に相談した方がいいです。

 

おそらく、これを読んでいる人が言い出せない理由として、 

・親に負担をかけたくない

・自分でもまだ行くかどうか悩んでいる

・自分としては行きたいが、準備段階なので言いにくい

 のどれかかなと思います。

 

しかし、どの場合も親に話すことで解決する可能性があります。

ぼくも、留学に行きたいとは思っていましたが、「もう少し実現可能性が高くなってから話そう、、、」と相談する機会を延々と伸ばしてしましました。

もっと話すのが遅れていたら、留学の機会を失っていたかもしれません。

これはもったいないことです。

 

そこで、今回は

「留学したいならさっさと親に話した方がいい4つの理由」あげてみました。

 

 

相談相手になってもらえる

「なんか留学したいけど、できるかな、、、」

「留学したいけど、目的はよくわからない、、、」

 

憧れの留学も、はじめはわからないことだらけです。

でも、このまま大学の担当の人とは話しづらいですよね。

 

だったら、まずそのモヤモヤを親にぶつけてみたらどうでしょうか。

人と話すことで、自分の頭の中の整理がつきますし、

相手から質問を受けることで初めて気付く自分の思いもあります。

 

最初のモヤモヤの段階から親と話しておくことで、

親も「あ、今この段階なんだな」と把握できるので、協力がしやすいです。

 

 

お金がかかる

留学ってお金がかかりますよね。

自分で稼げる人なら、自分で行けばいいんですが、学生だとなかなかそうはいきません。

 

でも、いいと思うんです。

大学の留学ってたぶん、親のすねをかじれる最後のチャンス。

留学の目的や、留学後のプランを話して親に納得してもらい、投資してもらいましょう。

この恩は留学後に返す!

 

 

書類の提出が必要

留学の申請には、たくさんの書類の提出が必要ですよね。

その中には、親に書いてもらうものとか、親の許可が必要なものもあるでしょう。

(書類に関しては、留学の形態ごとに様々なので確認してみてください。)

 

特に市役所などから書類を取り寄せるとなると時間もかかるので、早く親に話さないと、両者納得しているのに行けなかった、、、という悲しいことになります。

 

 

安心感が生まれる

留学するにあたって、親って説得すべき難関です。

ですが、その後は心強い協力者になってくれます。

 

留学するまでには、やらなきゃいけないことがたくさんあったり、

本当に留学に行くべきなのか心配になったりするでしょう。

そんな時、親と留学に向けた協力関係が作れてあると頼もしい限りです。

まず、仲間にすべきは親ですよ。

 

・・・

 

ということで、「留学したいならさっさと親に話した方がいい4つの理由」

あげてみました。

いつかは話す相手、だったら今話してしまいましょう!

応援してます!

 

それでは、またー